女性

胎児の成長のために

看護師

葉酸サプリは、妊娠初期に必要なものとして多くの方に飲まれています。気をつけることは、摂取目安量を守ることです。そして、今後の動向は、より良いもの、より安心、安全なものを販売し続けて市場拡大することでしょう。

詳細を確認する...

受診のタイミング

医者

大阪の産婦人科では特徴のある病院がたくさんあります。そして、妊娠しているかもと思っても、タイミングを見て受診をした方がいいです。早すぎでしまうと、また来て下さいといわれることもあります。また分娩まで診てもらえないという病院もあるので、分娩先も含め病院探しは重要です。

詳細を確認する...

婦人科の病気

婦人科疾患の代表的なもの

病院

子宮筋腫とは、子宮の筋層にできる良性の腫瘍です。腫瘍といっても悪性化つまり癌化することは、ありません。できる場所は子宮の上、横、入口付近などどこにでも発生します。子宮筋腫ができるのは、ひとつだけとは限りません。大きさもまちまちで、人によってはとても大きくなったりいくつもできることがあります。発生年齢は30代から50代が多く、この年代の4〜5人に一人はもっているといわれています。 子宮筋腫があっても、無症状で気付かない場合もありますが、子宮がん検診などで発見されることもあります。また、自覚症状として下腹部痛や腰痛、多量の月経血といったものがあります。子宮筋腫は発生場所によっては妊娠・出産に影響を及ぼすことがありますので、健康診断や婦人科検診が早期発見の役に立ちます。

婦人科検診の重要性

子宮筋腫の発生には、女性ホルモンが影響しています。このため、閉経後は子宮筋腫は小さくなり新たな発生はありません。妊娠中は女性ホルモンが減少しますが、最近は出産しない女性も増えており、女性ホルモンにさらされる時間が長くなっています。このため、子宮筋腫を持つ人が増えていくと考えられます。 子宮筋腫の自覚症状には月経時の大量出血がありますが、現代はストレス増加や不規則な生活などが影響し、月経自体の乱れや、同じように月経が重たくなる子宮内膜症も増えていて、なかなか自分が子宮筋腫であることに気付きにくくなっています。 子宮頚がんや子宮体がんも増加しており、これからは若いうちから婦人科検診を受けることが重要となっていくと考えられます。

妊娠したら、することとは

看護師

産婦人科には、無痛分娩や立ち会い出産などいろいろなスタイルがあるので自分にあった産婦人科を選んで、なるべく早く分娩予約をすることが大切です。 横浜でおすすめの産婦人科は、無痛分娩も可能な産婦人科や、横浜らしいロケーションにある産婦人科です。

詳細を確認する...